説明会・体験会のお申込みはこちら

代表者挨拶

放課後の時間は年間1000時間ほどあります。その時間を少しでも有意義な時間にしてほしい、学校の友達や先生とは違う人と出会い刺激をたくさん受け、遊びも学びも目一杯おこなってほしい。また、保護者の方にとっても安心して預けられ時には相談できるような場所にしたい。そんな想いでMOCOPLA荻窪を作りました。

私は、25年ほど民間の野外教育団体に関わってきました。2泊3日の短いキャンプ体験とは違い5日から2週間もの間、子ども達と一緒に過ごすのです。そこではたくさんの事を学びました。子どもを一人の人間として尊重すること、子どもとしてケアをすること、また大人としての責任を持ち指導すること。野外教育と民間学童の土俵の違いはありますが、MOCOPLA荻窪教室でもこれらのことをいかしていきます。

MOCOPLAではキッズクラブを主体としてたくさんのレッスン(習い事)やスタディ(学習塾)を選択できるようにしています。そのため、保護者の方から「学校の後にまた学校みたいなことをさせるのはかわいそう」という声を時々耳にします。
しかし、子ども達のパワーは大人が思っている以上にあります。大切なのは「やりたい!楽しい!」と子ども思える環境を作ること。

遊びも勉強も習い事も、楽しい!もっとやりたい!!と思えるような内容にすることや、やる気になるような言葉がけをすることが、私たちの大きな仕事だと思っています。

信頼できるスタッフと共にMOCOPLA荻窪教室を運営していきます。どうぞご期待ください。