説明会・体験会のお申込みはこちら

キッズクラブ「アクティビティの時間」のご紹介!|MOCOPLA荻窪教室

こんにちは、MOCOPLA荻窪教室です!

今回はキッズクラブの中の1時間、「アクティビティ」についてご紹介します!

MOCOPLA荻窪教室とは?

MOCOPLA荻窪教室はキッズクラブ(学童クラブ)を主体とし、
放課後の預かりをしながらレッスン(習い事教室)やスタディ(学習塾)に取り組める施設です。

預かりを必要としないご家庭でも、レッスン・スタディ単体で通っていただけます。

目次

アクティビティの時間とはどのような時間?

モコプラのキッズクラブの時間では、毎日必ず「アクティビティ」の時間を組み込んでいます。

学校のある通常日は1日1時間行い、それ以外の長期休みの間はもっと長く時間をとることもあります。

アクティビティを行う意義

アクティビティをやる上では、ただ遊んで楽しい以上の学びがあると考えています。

何かを作るときにはどうやったら自分の理想の形や絵になるのか考えながらやり、ゲームなら友達と協力をすることを学びどのような作戦を立てたら勝てるのかなど、子どもたちが試行錯誤できるような内容にしています。

時間の中でスタッフは、進行をしつつ一人一人に声掛けをしたり質問したりと子どもたちがより多くのことを得られるように環境を整え、自分で考えられるように促す役割をします。

お友達がたくさんいる環境で学べるコミュニケーション力協調性思いやりの心などもこの時間にたくさん学んでほしいという思いで行っています。

アクティビティの時間の様子

アクティビティの時間になると、「今日は何するの?」と子どもたちは興味津々に聞いてくれます。

ものを作る日には思い思いの形で作り、好きな色で絵などを描いてオリジナリティを存分に出した作品になります。完成すると、何を書いたのかなど一生懸命説明してくれます。

工作のやり方がよくわからない子には工作が得意な子に声をかけて教えてもらいます。スタッフも知らなかった上手なやり方を知っていることもあるのでこちらも勉強になります。

対戦するゲームなどのときには負けると悔しくて泣きだしてしまう子もいます。負けてしまったなら次どうすれば勝てそうなのか他の子を見て考えるなど、また挑戦しようという意欲を引き出します。

勝てた時には飛び跳ねるぐらい全力で喜び、負けた悔しさをバネに次に繋げられたことを実感しています。

自由に遊ぶ時間以上に、アクティビティの時間ではお友達と協力し合ったりどうしたらできるようになるのかなどを頭で考えながら学んでいる姿が見受けられます。

アクティビティの内容例

アクティビティでは協力して行うゲーム、対戦するもの、なにかを制作する日など様々です。

長期休みなどで長めに時間が取れる日は、外に遊びに出かけてアクティビティを行うこともあります。

ドラえもんすごろく

ドラえもんのすごろくは日本旅行バージョン、世界旅行バージョンなど様々あります。

マスによってお金を稼いでドラえもんのカードを購入しながらゴールを目指します。

県名・国名、地名国を学ぶことができ、カードには場所ごとの文化や豆知識が書いているため語彙や知識を増やしながら遊ぶことができます。

English Activities

定期的に英語でのアクティビティを取り入れています。

最初にアルファベットの歌をうたい、どのくらいみんなが言えるようになったのか確認します。

写真はチームごとにアルファベットの「M」を体や手で表現しているところです。

表現してみることで違う言語の文字に慣れ親しむと同時に仲間と協力することを覚えます。

ストロー飛行機づくり

2種類の長さの画用紙とストローを使って飛ぶ飛行機を作りました。

細長く用意した画用紙に好きな絵を描き、まる・さんかく・しかくなど様々な形を作り、ストローに形作った画用紙をつけます。

どの形が一番よく飛ぶかなど実験をしながら一番自分が好きな飛行機を選び、みんなで競争してみました。

さいごに

今回はモコプラのキッズクラブの「アクティビティ」の時間についてご紹介しました。

学校やご家庭とはまた違った楽しさがあり、遊びを通しても多くのことを学んで有意義な時間を過ごしてほしいと考えています。

モコプラではキッズクラブの無料体験も随時受け付けていますので、ご興味のある方はぜひお越しください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる