説明会・体験会のお申込みはこちら

【夏休みイベント】理科実験教室「虹の秘密」イベントの様子をご紹介!│MOCOPLA(モコプラ)荻窪教室

学童 杉並 夏休み イベント

こんにちは、MOCOPLA(モコプラ)荻窪教室です!

今回は夏休みイベント 理科実験教室「虹の秘密」を行いましたのでご紹介します。

MOCOPLA荻窪教室とは?

MOCOPLA荻窪教室はキッズクラブ(学童クラブ)を主体とし、
放課後の預かりをしながらレッスン(習い事教室)やスタディ(学習塾)に取り組める施設です。

預かりを必要としないご家庭でも、レッスン・スタディ単体で通っていただけます。

目次

理科実験教室とは

3月末に第一回目を行った理科実験教室、「魚のからだをのつくりってどうなってるの?」をテーマにカタクチ煮干しを解剖しどういうつくりになっているのかをじっくり観察しました。

第二回目となる今回は理科の先生をお呼びして「虹の秘密」を教えていただきました。

今回の理科実験教室には14人の子どもたちが参加してくれました!

虹を観察してみよう

学童 杉並 夏休み イベント

まずはCDの裏面を光に当てながら何色が見えるか観察してみました。

赤、オレンジ、黄色、紫、青…虹色と言われる7色はほとんどの子が見つけることができ、中には赤紫が見えたという子もいました。

ではなぜCDの裏面はこのような虹色が見えるのか?

CDには細かい溝が均等に無数に入っておりそれが光に反射し、光を当てる角度によって色が変化して様々な色が見えるということを教えてもらいました。

光で色を作ってみよう

学童 杉並 夏休み イベント

今度は自分たちで色を重ねて、何色に変化するか実験してみました。

3人一組になり、ライトにそれぞれ赤、青、緑のフィルムを被せて色を重ねました。

どの色とどの色を重ねると何色になるのか新しい発見がたくさんあったようで、特に3つの色を同じ光加減で重ねると白色になるということには驚きがあったようです。

その後は先生が持ってきてくれた実験用のライトを使って、改めてみんなで何色が作れるかホワイトボードに当てて試しました。

上手く色が作れないときはライトを当てている子たちの距離を変えて光が均等になるように工夫するなど、子どもたち自身も何色を合わせるとどんな色が作れるのか理解してきたようでした。

虹を作ってみよう

学童 杉並 夏休み イベント

理科実験教室の最後には、虹色を作る工作をしました。

紙コップ2つの底に、それよりより少し小さめの円を描きどちらも切り取り穴を作ります。

紙コップの底を切り取った円よりも大きめに黒いフィルムを2枚切り、紙コップの中から穴をふさぐように貼り付けます。

今度は透明なフィルムに3cmほどの金魚を描き、セロテープを何枚も重ねて貼ってから切ります。

出来上がった金魚を一つの紙コップの中に入れ、もう一つの紙コップを上から重ねて光を見てみると虹色のような、オーロラのような金魚が見えました。

子どもたちの様子

子どもたちが色の反射や組み合わせをじっくり観察する姿はとても真剣で、より多くの色を見つけようと角度を変えたり距離を変えたりまさにたくさん実験をしていました

今まで知らなかったことを発見した時には「すごい!」「知らなかった!」と声をあげる子もいました。

工作で虹色の金魚が上手くできると「きれーい!」という声があちこちから聞こえてきて、先生やスタッフに見せてくれました。

スタッフも工作が出来上がるまでどんなふうに色が見えるのか知らなかったので、子どもたちが作った金魚のセロテープの貼り具合によってもまた色の具合が違って見えるのがとてもおもしろかったです。

さいごに

今回は夏休みイベント 理科実験教室「虹の秘密」のご紹介をしました。

自分の知らなかったことを学ぶことができる理科実験教室、子どもたちの驚きの顔がたくさん見られる時間になりました。

モコプラの夏休みイベントも残すところあと1つ、8/24(水)の「世界一のプラネタリウム」のみとなりました。

まだお申し込みも受け付けておりますのでぜひ一緒に楽しみましょう。

学童 杉並 夏休み イベント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる